前へ
次へ

日本が世界に誇れる医療制度に関して

身体に不調を抱えている方は、海外になるべく行かない方が良いと言われています。
要因は医療保険制度で、諸外国の大半が日本のような国民皆保険制度が設けられていません。
そのため万が一急病になってしまうと、多額の費用を請求されることになります。
私たちの住んでいる日本は、国内であればどこに居ても変わらない金額で治療を受けることが出来ます。
これはありがたいことですし、高齢者や子どもに安心感がもたらされます。
ただ、不安が全くない訳ではありません。
言わずと知れた少子高齢化によってシステムが維持出来ない恐れがありますし、必要のない治療や薬の投与は抑えられるべきです。
掛かり付け医を持つことが大切ですし、総合病院とのすみ分けが未来の鍵を握っています。
また、医師と看護師の不足も深刻な課題と言われています。
大学の定員増を含めてになりますが、良い人材を早めに確保するべきです。
国をあげて取り組むべき課題と言えますし、待ったなしの状況と言えます。

Page Top