前へ
次へ

医療の力を借りて延命をするということ

医療の力を借りなければ生きることができないという人もいます。
また年齢的にも延命措置をしないで欲しいという希望を出している人もいます。
医療の力を借りて延命をするということは自然に逆らっている、ということになるのかもしれません。
また1度延命措置を行ってしまうと、人工呼吸器のスイッチを切ることもできず、ただ呼吸をさせられているだけ、ということになってしまいます。
延命措置を受けて生きながらえるというのは、本人にとってはとても苦しいことだ、と言います。
心肺停止の状態に陥って蘇生をしても、それを繰り返すともなれば体へのダメージは蓄積されてしまいます。
特に子供の場合には親がどんな状態でも生きていてほしいと願うことが多く、子ども本人の負担を考えないということがあります。
延命措置がいいことなのか悪いことなのか、自分だったらどうしてほしいのかということを考えた上で同意をするのかどうか、決める必要があるのかもしれません。

Page Top